ダイスキンギョ
金魚作家を目指すブログです。

なかなか難しい・・・

授業でフォトショを使っていまして、
ハイキー画像を制作しております♪

見本は写真を用いて作られているのですが、
先生は絵を使って作るようにとのことでした・・・



非常に難しいです;;



そしてできた産物弟に「お前、頭おかしいの?」と失笑されました(苦笑)
いやぁー・・・だって難しいんだよー



真面目に制作を始めたはずが受け狙いになってしまった(>▽<;)


ハイキー
これは勝手に妄想ストーリーがありまして、





父親の反対を押し切って、

駆け落ちした娘とその恋人が乗った船が

残酷にも海の波にさらわれてしまう。

悲しみに暮れる父親・・・

家畜のモーちゃんを抱きしめて泣いていると、

モーちゃんの首輪から娘の手紙が・・・






みたいな・・・←


・・・笑えないよね内容(苦笑)


ハイキー2

こっちは、




「今日は夜空が綺麗だなぁー・・・ん!?」

ふと見ると鳥にぶら下がった真っ裸の美女が!!

「ちょっとここ10階だよ!?」

美女「ドヤ顔」





みたいな←
下にいる悪魔さんは付け足しただけ・・・



コレ、先生に怒られるかなぁ・・・(><;)



今度もし自由に写真使わせてもらえるなら金魚でコラージュしたいなぁ(^^)
スポンサーサイト

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2011/10/24 00:54】 | 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

わぁい

今日K-poolのゆっこさんからお電話がありました♪
金魚部の方が私の蘭鋳ちゃんをお嫁に欲しい(とは言ってないけど)とのことでした(笑)
一回尾びれ壊れちゃった子だったので、
作り直した方が良いかなぁ思ったのですが・・・
北海道から奈良に送るまで時間凄くかかりますし・・・
電話でもたもたしちゃっていたらそれでも欲しいと言って下さったようで、
とても嬉しかった(^^)
ちなみにその蘭鋳は、私が初めて作った蘭鋳だったんですよ。
蘭鋳3
ちなみに見えにくいけど右の子ですw
肉瘤をビーズで表現するのが当初無理と思っておりまして、
琉金と出目金とナンキンとピンポンと和金しか作ったことなかったんです。
今では肉瘤作るの楽しくってかなりはまってますけど(笑)
サイズは結構大きいです。
作り方は・・・もう忘れました(苦笑)
とりあえず嫁ぎ先が決まって良かった(笑)


そしてヤフオクで結局売れなかった青い金魚ちゃんが
茜色の約束の美術担当の方のお嫁に行ったそうです(笑)
たまたま青い金魚が欲しいと思ってらっしゃったようで・・・
嬉しいなぁ(>u<)
青い金魚
そしてこの子は茜色の約束の主人公リカルド君のランドセルに付けられるそうでして、
映画で運が良ければちらっと映るかも!だそう(笑)
ますます映画の完成が楽しみ!


大学のA先生に郡山のこと言ったら
「やっぱりYさん(本名)は金魚通したら良いよ~(^^)
せっかく素敵な体験できたんだからそこから自分で広げて行かなきゃー
例えば大金魚博覧会で作品出してたアーティストさんのところ訪ねてみるとか・・・
いっそ深堀さんのとこ3日くらい弟子入りさせてもらいに行けば良いじゃない(笑)」
わぁー行ってみたいww
でも人見知り&受け身ばかりだったこの私が一回踏み出せたからとその後とんとんとは行けない(><;)
でも行動に移さなきゃ意味もない・・・よね!!
眼鏡も金魚色にしたし(笑)もっと行動しなきゃだよね!!


夜のテンションでブログを書いてしまいました(苦笑)
ここ最近バイトの人数があまりにも少なく、
しかも一人辞めること決まっているのもあってかなり辛かったんですよ精神的に;;
社員さんもそれもあるのかかなり機嫌悪くて、
何度か当たられてしまって、泣きそうにもなりました(苦笑)
いっそバイトやめてたまったお金で金魚のためにいろいろ行くっていうのも手??(笑)
免許とって弥富行く!とか(笑)


冗談はさておき、とりあえずお金貯めて、免許とって、
でもバイトに縛られずに金魚でもっと昇進してくために頑張りたい!


・・・言ってることがよく分からなくなってる(苦笑)
ね、寝ます;;(>u<;)

テーマ:゜+.(・∀・).+゚ - ジャンル:日記

【2011/10/09 01:31】 | ビーズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

介護実習

昨日介護実習が終了しました。
実は私、思い切り勘違いしておりまして、
私が訪れた施設は老人ホームではなく、障害を持たれた方がたくさんいらしゃるところでした;;
思いっきりじいちゃんばあちゃんの介護だと思ってた(笑)

とりあえず、5日間大変でしたが、
障害をもたれている方々の見方が大きく変わったように思われます。
私は小学校のとき、同級生に知的障害を持った男の子がいました。
とても私を好いてくれていたのですが、当時の私にとって彼は非常に恐ろしい存在で、
後ろから抱きつかれたり、おっかけられたり・・・
かなり体格もいい子でしたから、小学生の私には本当に怖い存在でした。
いつも近づいてくるたび怖がって色んな罵声を浴びせてしまいました。
「死ね」とか「きもい」も言ったかも・・・酷いなぁ自分;;
でもね、ある日私が怪我したとき、周りの友達は何にも言ってくれなかったけど、
彼だけがとても心配してくれて、それが嬉しかったんですよね。
でも恥ずかしくてありがとうが言えなかったんです。
結局そのまま卒業して分かれてしまいました。

彼はとても良い子で、優しい心の持ち主だったんです。
でも、やっぱりちょっとだけ怖かった。
スキンシップと言うか・・・もともと人とふれあうことが得意ではない私には、
大好きだから抱きしめたり、大好きだからちょっかい出したりっていうことが
少し抵抗を感じてしまう傾向が今もあるのかもしれないですね。


そんなこと考えてたら、なかなか施設の人に積極的に声をかけてあげられなくて、
仕事も何したら良いか分からないから突っ立っちゃったりしてました(苦笑)
でも施設の方々は凄くフレンドリーで、声を積極的にかけてきてくれて。
ほとんどの皆さんが脳に障害があって、車いす生活です。
そして言葉もはっきり発音できないのです。
それでもそれなりに一生懸命工夫して伝えようとしてくれて、
何度も聞き返すたびに中には悲しそうな表情をされる人もいて・・・
申し訳ないって気持ちがありましたが、
少しずつ少しずつ話せるようになっていって、
言葉が通じるようになっていって。
凄く単純なことでとっても喜んでくれて、
私自身も普段そんなことくらいでこんなに楽しいなんて思わないのに、
凄く楽しくって・・・声をあげて笑ってしまって・・・
皆さん年上ばかりですが、精神的なものは小学生くらいって職員の人が言っていました。
でも、私は皆さん本当に心が綺麗なんだなって思われました。
私たちのように社会の中で汚れていく心の持ち主とは違って、
狭い世界ではあっても綺麗な心をずっと持ち続けている人々なんだなって。
広い世界に出ることができて、何でもできて、誰かの助けがいらない私たちは感謝の気持ちを忘れかけてしまってはいないでしょうか。
施設の人々は自分でできないことをたくさんの人が支えてくれる。
自分で何かをなせないけれども、その代わりに人を素直に感謝できて、
素直に大好きって伝えられる。

何かよく分からないこといっぱい書いちゃったけど、
ともかくそんな人々との5日間本当に心を洗われたような気持ちになりました・・・。
癒しってこういうものを言うんだなって。


金魚と一緒に過ごしていた日々、
あの子たちは本当に優しくって、純粋で、綺麗な目をしていました。

私が金魚を好きな理由は、
外見もそうだけど
やっぱりあの純粋な瞳が一番なんです。


施設の人々と過ごしてそのときの気持ちがよみがえった気がしました。


最後に「行かないで、行かないで」って泣いてくれた女性の方がいて、
いっそつれて帰ろうかとまで思っちゃいました(笑)
彼女が言った「あたしが家に帰ったらお母さんにうるさいとか、邪魔って言われるんだ~」って笑顔で言ったのが凄く悲しい気持ちにさせられて、私なら耐えられないって思ったんです。
でも家族が大好きって言うんです。
私のこともぎゅっとしてくれて、「大好き、お姉ちゃんが一番大好き」って言ってくれて・・・
あんなに素直に大好きって伝えられたことなかったし、
本当に幸せな気持ちになりました。


免許取るために仕方なく行ったはずの実習で、
こんな思い出をもらえるなんて、
本当に感謝しなくちゃいけないなって思います(^^)

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2011/10/01 23:14】 | 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

プロフィール

deme*tyoubi

Author:deme*tyoubi
金魚作家です。
2016年展示予定。
3/1-3/6 アートコンプレックス・センターANIMAL WORLD8
5/14・15デザフェス
6/29-7/5金魚展×海洋生物展(梅田阪神百貨店)
8/2-7 阿佐ヶ谷ギャラリーOPPO個展
8/30-9/11 浅草Amuse Museumグループ展
※こちらの作品・グッズの著作権は作者にあります。
作者の作品を参考とし、販売を目的とする模倣作品を作ることを禁止しております。
また、もし模倣作品を見つけた場合は購入を控えて頂けると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR