ダイスキンギョ
金魚作家を目指すブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |

深堀さんとお話をして

卒論を書いていると、口に自分の考えを出すのとは全く違い方法で書かなければいけないのが苦痛ですね。

金魚のことは7歳からずっと考えているのに、文章で、しかも論文となると・・・(^^;)

もともと本を読むのは苦手で、持っているのは金魚の本しかないんです。

小説くらいならたまに読むって感じ〜本は読むべきものですよねー(><)

人としても成長することに繋がりますし。



深堀さんに一番私が聞きたかったのは深堀さんにとって金魚はどんなものなのかって言う単純なことでした。

あの技法は深堀さんでなければ思いつかなかったもので、世界中で注目されていますよね。

でも12歳のとき深堀さんの作品を見て感じたこと。

まぁ小学生ってこともあるけど、実は技法に関しては何も考えてなくて;;(申し訳ない)

それより描かれている金魚の姿が、私が本で見た”良い金魚”とは全く違う印象だったことなんです。

骨格とか・・・色も。

10年も前のことだけど。

良い金魚って言うと、品評価値が高い金魚ってこです。

品評会で賞を取るような金魚。



私、金魚を好きになったきっかけが外見じゃない人だから、

品評価値ってしっくりこないんです、未だに(^^;)

最近作るようになって尚更感じてます。

私が作りたいのは品評価値や外見うんぬんじゃなくて、人と家族として過ごして、

野生の鮒では見せない、人間にしか見せない優しい表情をした金魚だって。

多分それは子どものころ金魚をいっぱい描いていたときから変わってないんです。

だから、金魚の絵見てもただモチーフとして描かれている作品には心惹かれなくて。

上手く金魚が描ける人はいっぱいいます。

でも、この人にとって金魚は何なんだろう?て考えたときに、絵を見ると何となく分かるでしょ?



深堀さんの作品を最初に見たとき、共感できるものがあったんです。

この人は金魚を外見で見ない人なんだなって。


だからずっと会ってお話を聞いてみたかった。




実際にお会いして凄く嬉しかったのが、

深堀さんも品評価値に興味のない方だったこと(笑)

私が子どもの頃飼っていたのは奇形の子で、父には「何でこんなの飼うんだ」って言われました。

品評価値とは関係なかったけど、かなり腰の折れた子で(^^;)

でも、初めて会って、話して、この子と家族になりたいって思った子だったんですよね。

他の子も、真っ白で形も綺麗じゃなくて、同じく父に「あの尾びれ長くて綺麗なのにしな」って言われたのに、

その子から目が離れなくて。鱗も剥がれていたのに。

ちなみにその子が私がよく言っているコメットのトッポちゃん。

ツンデレな子でしたね・・・たった3年しか生かしてあげられなかったけど、

私は彼女を愛していたし、彼女も私を愛してくれていたのは分かるから尚更辛かった。

最期まで私から目を離さなかった姿を思い出して涙が出なくなったのは最近やっと。



話ずれた(^^;)

深堀さんが描く金魚は決して品評価値の高い金魚ではありません。

むしろハネ金や餌金みたいな金魚。

でもそれは、品評価値の裏にある出来損ないの鮒の存在を作品として表現するためだったんです。

品評価値を考えることがいけないことではないんです。

だって500年も続いている日本の金魚文化に欠かせないことだもんね。

でも、それに捕われ過ぎちゃだめだなって思いました。

金魚を作ってらっしゃる養魚場の方は心を鬼にして金魚に接しなければいけないし、

金魚屋さんの人も、金魚を生き物としては見れないって話をされて、

私はこの業界には入れない人間だなと思いました。

だから、金魚を家族に迎え入れる私たちが裏事情もちゃんと知っていなきゃいけない。

そしてどの金魚が良い金魚なんて考えないで、

自分が可愛いと思った子でも良いし、相性がいいと思った子を選べば良いと思う。

ちなみに深堀さんは美味しそうな金魚を選ぶとか(笑)

最初笑っちゃったけど、生命の根源である”欲”を感じる作品が人を感動させると聞いて納得。

ちなみに私は金魚に性的な魅力を感じますね、はい。


・・・失礼。


深堀さんは金魚を見る人に意識を変えさせようとしているんですよね。

伝統を大切にするのはとても大切なことなんだけど、

守りたいなら同じままじゃいけないのかもしれません。

少しずつ、時代にあった新しさも取り入れていかないと。



ちなみに、話を聞いて私が勝手に思ったことをつらつら書いているだけです。

他にもたくさん書きたいことはあるけど、

本人に聞ける機会があったら是非直接聞いた方が良いです!

当然だけど・・・この熱はブログに書いても伝えきれないし(^^;)

あと深堀さんのブログを読むと、楽しい!

直接聞いてから読むと尚更!
スポンサーサイト

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/08/16 12:16】 | 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |

深堀隆介さんにお会いしました。

ずっと更新していなくてすみません(^^;)


ブログや最低限はちゃんとしなきゃいけないのは分かっているのだけど、作品を作っていたり、

卒論やっていたり、一人で考え込んだりしていて文章におこせない日々が続いています。

うーん、複雑なお年頃??(笑)

まぁ、悩む時期です。

悩まなければいけない時期。


作家活動を学生のうちにしていて良かったと思うのは、卒業してから作家になるぞ!って活動し出すと、

『ところで作家でどうやって食べていくのさ』とか、『あれ、作家って何したら良いの??』とか、

ゆっくり考えられる時間が無いって思うんですよ。

だったら学生で時間がまだあるうちに悩んで、卒業するまでに何とかする手がかりを見つければ良い。

見つからないかもしれないけど、出発地点が早い方が経験値も作れるし有利な気がする。


と、勝手に良い方に考えてます。

ただ、悩むのは良いけど悩むより先に行動も良いかなって思ったりもしていて。

それが結果として素晴らしい出会いや経験に繋がっているので。



実はデザフェスに中学生の頃から大切にしている本の著者の方がいらしてくれて、作品も買って頂いたのです。

額縁金魚のオランダ獅子頭いっぱいのです。(皆さん覚えてるかしら?)

額縁金魚

その方に卒論の相談ちょろちょろしておりまして・・・

深堀隆介さんについて卒論に書きたいと思っていることを伝えましたところ、

連絡をとって下さって、本当に会って頂けることになったのです!

お忙しい中時間を調節して頂き、一昨日サンシャイン水族館のサイン会後会って頂きました。

証拠写真!(笑)
hukahorisan

もう私にとって一生の思い出なので顔出しちゃえ!←

そんなに覚え易い顔じゃないけど左が私(よくネット上では男性と勘違いされますが)、


右が世界的に有名な深堀隆介さんです!!

はぁ〜今でも夢みたい。

深堀隆介さんのブログ→金色ノ鮒

このブログ見てる人で知らない人いませんよね(笑)

作品は絶対知っていると思います。

展覧会行く人は顔を覚えて行くのをおすすめしますよ。

会場にいたら貴重なお話聞けるかもですよ!





お話聞ける時間は2時間の予定だったのですが、

まさかの3時間も時間頂いちゃってΣ!(0□0、)))

でも、もっと、もっと聞きたかった・・・!!

今度アトリエにもお邪魔させて頂けそうなので、そのときもっと聞きたいです!

ryuora

作品も貰って頂きました。

まさか作品のアドバイスや画材も教えて下さり・・・

しかも色んな人にわざわざ私を紹介してくれて(><)

当然皆さん知っているわけないのに、「まだ学生さんなんですよー卒業後が楽しみですね」って言ってくれて(感激)




10年前にANAの機内誌で拝見してからずっと憧れていたんです・・・

お会いできる日が来るなんて思っていなかった。

卒論に協力して頂きたいだけではなくて、個人的にも昔からお会いしたかったのです。

どうして深堀さんの作品はこんなにも惹き付けられるものなのか。

美しいだけの作品なら世の中溢れています。

ぱっと見リアルで美しい作品ですが、

それだけじゃない何かがあるからこんなにもたくさんの人が惹き付けられるんだと思うのです。

お会いして分かった気がします。

ちょっと長く書き過ぎたので一度切ります。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2013/08/13 18:52】 | イベント・行事 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6) |

プロフィール

deme*tyoubi

Author:deme*tyoubi
金魚作家です。
【告知】
6/10-6/16 旭川市神楽5条13丁目7−5 ぎゃらりーまる
6/29-7/10 大阪ARTHOUSE
(http://art-house.sub.jp/)
金魚展 
7/15-24 群馬Artsoup
(https://www.facebook.com/galleryartsoup/) 
うろこのすきま 
8/22-27 東京阿佐ヶ谷ギャラリーOPPO
(http://oppo.art.coocan.jp/) 
個展「たゆたう」

※こちらの作品・グッズの著作権は作者にあります。
作者の作品を参考とし、販売を目的とする模倣作品を作ることを禁止しております。
また、もし模倣作品を見つけた場合は購入を控えて頂けると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。