ダイスキンギョ
金魚作家を目指すブログです。

羊毛フェルト(マスコット以外)があるそうで・・・

尊敬するフェルト作家様フェルト侍さんのブログで知ったのですが、

羊毛フェルトのマスコット以外と言うものがあるそうです。

わたくし、マスコットも作りますが、ここ最近マスコットタイプはほとんど作っておりませんので、

ためしにランキング参加してみることしました(笑)

去年の11月頃に生まれたヒレの透ける金魚ちゃん。

サイズ少し小さめで制作してみております。
でめりゅう


このタイプの金魚に対する問い合わせを下さる方が最近多く、

とても嬉しいのですがまだ商品化できていないのが現状です(^^;)

普段販売している子たちよりちょっと販売価格が高くなると思いますので、

それもどうしようかなぁ・・・と。

ただ、ヒレの透けた金魚を作れるのは自分だけではないかと言う優越感w(←ます羊毛フェルトで金魚を作る人がいないだけなんですけどね)

自分にしか絶対に作れない作品が作りたいんですよねー。

このヒレが透ける金魚がその第一歩として頑張ります!





ところでそろそろ卒論を書き出さないといけないんです。

書き出すまではいかなくても、テーマだけでも、ですね。

ゼミの先生にはOK貰っているので金魚について書きます。

教育大生のくせになぜ金魚wwアウェイすぎるww



ただね、小学校教育で1年生は金魚、2年生はザリガニ、

高学年になると生殖について学ぶためにメダカを飼うのだそうです。

全ての学校ではありませんが、そう言った教育方法を今も続けている学校はあるのだそうです。

そう言った面で、金魚は小さな子どもに命の大切さを学ぶための、

言い方が悪いかもしれませんが、教材でもあります。

学校では教材として利用される金魚。

そしてお小遣いでも買える金魚は犬や猫よりも簡単に飼い始めることができるかもしれません。

学校だけでなく、家庭の中でも生き物を飼う、命を育てることを教えてくれる存在。

昔から日本の子ども達が最初に金魚と出会うきっかけは金魚すくい(金魚売りの方もまだいるのかしら)ではないかなと思います。

ただ、最近は金魚を連れて帰らせない親が増えていますね。

自分たちが小さい頃金魚を死なせてとても辛い思いをした人が多いと思います。

それもあって、金魚すくいがお祭りに出るのも減って来ていると聞きます。

金魚と子どもの出会う機会が減っているんですよね。

それが、今まで日本文化でもあった金魚が日本で衰退していく原因にもなっていくように思われます。
(中国の金魚業界は元気そうですがw)

子どもに命を学ばせる役割もあり、日本の文化にもなっている金魚が衰退していくのは悲しい事ですね。

そこで、子どもと金魚が出会う形を、金魚すくいとはまた違った方法で作っていかなくてはいけないのかな、と。

最近ではアートアクアリウム、深堀隆介さんなど、アートとしての金魚がとても注目されています。

そう言ったものが、子ども達に金魚への関心を高める役割をもたらすものにならないかな、と。

私が行っているような子どもが金魚作品を作るようなワークショップなんかも、

子ども達に金魚に興味を持つ機会になれないかな、と。



なんて、考えたことをまたベラベラと先生に話しましたww

OK貰えたから良いんだけど←

ただ、金魚の歴史なんかがたっぷり載った本が欲しいです。

参考文献になるものがあまりなくて・・・

ここは金魚本いっぱい出してる人とか資料館の方に連絡してみようかしら。

金魚のことを私は知らな過ぎるので・・・

先生方の突っ込みを回避できるものが書けないとマズイww



にほんブログ村 大学生日記ブログ 女子大学生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルト(マスコット以外)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【2013/01/17 12:10】 | 羊毛フェルト | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
<<デザインフェスタ | home/a> | またまた出品ー>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

deme*tyoubi

Author:deme*tyoubi
金魚作家です。
【告知】
6/10-6/16 旭川市神楽5条13丁目7−5 ぎゃらりーまる
6/29-7/10 大阪ARTHOUSE
(http://art-house.sub.jp/)
金魚展 
7/15-24 群馬Artsoup
(https://www.facebook.com/galleryartsoup/) 
うろこのすきま 
8/22-27 東京阿佐ヶ谷ギャラリーOPPO
(http://oppo.art.coocan.jp/) 
個展「たゆたう」

※こちらの作品・グッズの著作権は作者にあります。
作者の作品を参考とし、販売を目的とする模倣作品を作ることを禁止しております。
また、もし模倣作品を見つけた場合は購入を控えて頂けると幸いです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR